スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西行 春

西行 春1

0001
 立つ春の朝(あした)よみける
年暮れぬ 春来べしとは 思ひ寝に まさしく見えて かなふ初夢
 0002
山の端やまのは)の 霞(かす)むけしきに しるきかな 今朝よりやさは 春の曙

 0003
春立つと 思ひもあへぬ 朝出でに いつしか霞む 音羽山かな

 0004
たちかはる 春を知れとも 見せ顔に 年をへだつる なりけり

 0005
 家々に春を翫(もてあそ)ぶといふこと
かどことに 立つる小松に 飾られて 宿てふ宿に 春は来にけり

 0006
 元日子日(ねのひ)にて侍りけるに
子日して 立てたる松に 植ゑそへん 千代重ぬべき 年のしるしに

 0007
 山里に春立つといふこと
山里は 霞みわたれる けしきにて そらにや春の 立つを知るらん

 0008
 難波わたりに年越しに侍りけるに、春立つ心をよみける
いつしかと 春来にけりと 津の国の 難波を 霞こめたり

 0009
 春になりける方違(かたたが)へに志賀の里へまかりける人にしてまかりけるに、逢坂(あうさか)山の霞みけるを見て
わきて今日 逢坂山の 霞めるは たち遅れたる 春や越ゆらん

 0010
 題しらず
春知れと 谷の細水 洩りぞくる 岩間(いわま)の氷 ひま絶えにけり

 0011
霞まずば なにをか春と 思はまし まだ雪消えぬ み吉野の山

 0012
 海辺(かいへん)の霞といふことを
藻塩焼く 浦のあたりは たちのかで 煙立ち沿う 春霞かな

 0013
 同じ心を伊勢に二見(ふたみ)といふ所にて
波越すと 二見の松の 見えつるは 梢(こずえ)にかかる 霞なりけり

 0014
 子日(ねのひ)
春ごとに 野辺の小松を ひく人は 幾らの千代を 経(ふ)べきなるらん

 0015
子日する 人に霞は さきだちて 小松が原を たなびきてけり

 0016
子日しに 霞たなびく 野辺に出でて 初うぐひすの 声を聞きつる

 0017
 若菜に初子(はつね)のあひたりければ、人の許(もと)へ申し遣はしける
若菜摘む 今日に初子の あひぬれば まつにや人の 心ひくらん

 0018
 雪中の若菜
今日はただ 思ひもよらで 帰りなん 雪つむ野辺の 若菜なりけり

 0019
 若菜
春日野は 年の内には 雪つみて 春は若菜の 生ふるなりけり

 0020
 雨中の若菜
春雨の ふるのの若菜 生(お)ひぬらし ぬれぬれ摘まん かたみたぬき

 0021
 若菜によせて旧(ふる)きを懐(おも)ふといふことを
若菜摘む 野辺の霞ぞ あはれなる 昔を遠く へだつと思へば

 0022
 老人の若菜といふことを
卯杖(うづえ)つき 七種(ななくさ)にこそ 老いにけれ 年を重ねて つめる若菜に

 0023
 述懐を若菜に寄するといふことを
若菜生ふる 春の野守(のもり)に われなりて 憂き世を人に つみ知らせばや

 0024
 (うぐいす)に寄(よ)する述懐
憂き身にて 聞くも惜しきは 鶯の 霞にむせぶ あけぼのの山

 0025
 閑中の鶯
鶯の 声ぞ霞に もれてくる 人めともしき 春の山里

 0026
 雨中の鶯
鶯の はるさめざめと なきゐたる のしづくや 涙なるらん

 0027
 住みける谷に、鶯の声せずなりければ
古巣(ふるす)疎(うと)く 谷の鶯 なりはてば 我れやかわりて なかんとすらん

 0028
鶯は 谷の古巣を 出でぬとも わがゆくへをば 忘れざらなん

 0029
鶯は われを巣守(すもり)に たのみてや 谷の岡辺は 出でてなくらん

 0030
春のほどは わが住む庵(いお)の 友になりて 古巣な出でそ 谷の鶯

 0031
 雉子(きぎす)
萌え出づる 若菜あさると 聞ゆなり 雉子なく野の 春の曙

 0032
生ひかはる 春の若草 待ちわびて 原の枯野に 雉子なくなり

 0033
春の霞 家たち出でて 行きにけん 雉子たつ野を 焼きてけるかな

 0034
片岡に しば移りして 鳴く雉子 たつ羽音とて 高からぬかは

 0035
 山家の梅
香をとめん 人にこそ待て 山里の 垣根の 散らぬかぎりは

 0036
心せん 賎(しず)が垣根の 梅はあやな よしなく過ぐる 人とどめけり

 0037
この春は 賎が垣根に 触れ這(ば)いて 梅が香とめん 人親しまん

 0038
 嵯峨に住みけるに、道を隔てて房(ぼう)の侍りけるより、梅の風に散りけるを
主(ぬし)いかに 風わたるとて 厭(いと)ふらん よそにうれしき 梅の匂ひを

 0039
 庵の前なりける梅を見てよみける
梅が香を 谷ふところに 吹きためて 入り来ん人に 染(し)めよ春風

 0040
 伊勢にもりやまと申す所に侍りけるに、庵(いおり)に梅のかうばしく匂ひけるを
柴の庵(いお)に とくとく梅の 匂ひ来て やさしきかたも あるすみかかな

 0041
 梅に鶯鳴きけるを
梅が香に たぐへて聞けば うぐひすの 声なつかしき 春の山里

 0042
つくりおきし (こけ)のふすまに うぐひすは 身にしむ梅の 香や匂ふらん





スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

ことのは堂

Author:ことのは堂
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

この人とブロともになる

QRコード
Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。