スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目漱石 秋

夏目漱石 秋4

月あかり 

明けたかと思ふ夜長の月あかり


半月(はんげつ)

半月やの間(あい)より光妙寺(こうみょうじ)


月夜

吾恋は闇夜に似たる月夜かな

参差(かげしんし)松三本の月夜哉

うかうかと我門過(わがもんすぎ)ぎる月夜かな

部屋住(へやずみ)の棒使ひ居る月夜かな  

四五本の竹をあつめて月夜哉


三日の月みかのつき

刈り残す粟(あわ)にさしたり三日の月


夕月

夕月や野川(のがわ)をわたる人はたれ


 名月
名月や故郷遠き影法師

名月や十三円の家に住む

名月や杉に更けたる東大寺

明月

明月や琵琶を抱へて弾きもやらず

明月や丸きは僧の影法師

明月や背戸(せど)で米搗(つ)く作右衛門(さくえもん)

明月や浪華(なにわ)に住んで橋多し

明月や無筆(むひつ)なれども酒は呑む

明月や御楽(おたの)に御座る(ござる)殿御達(とのごたち)

明月に今年も旅で逢ひ申す

明月や拙者も無事で此通り  

明月に夜逃せうとて延ばしたる


秋の星

灯を消せば涼しき星や窓に入る


星月夜(ほしづきよ)

原広し吾門前(われもんぜん)の星月夜

喪を秘して軍を返すや星月夜

決闘や町をはなれて星月夜

鞭鳴らす頭の上や星月夜

厳(おごそ)かに松明(まつ)振り行くや星月夜


天の川(あまのかわ)

落ちて来て露(つゆ)になるげな天の川

別るゝや夢一筋の天の川

天の河消ゆるか夢の覚束(おぼつか)な

病んで夢む天の川より出水(でみず)かな


秋風秋の風) 

秋風と共に生へしか初白髪

曼珠沙花(まんじゅしゃげ)門前の秋風(あきかぜ)紅一点

日の入や秋風遠く鳴て来る

秋風や坂を上れば山見ゆる  

秋風や真北へ(たき)を吹き落す  

玉(ぎょく)か石か瓦かあるは秋風か

秋風や京の寺々鐘を撞(つ)く

来て見れば長谷(はせ)は秋風ばかり也

秋風や梵字(ぼんじ)を刻(こく)す五輪塔

秋風や茶壺を直す袋棚(ふくろだな)

秋風の一人をふくや海の上

秋風のしきりに吹くや古(ふるえのき)  

秋風や走狗(そうく)を屠(ほふ)る市の中  

秋風や唐紅(からくれない)の咽喉仏 (のどぼとけ) 

秋風やひゞの入りたる胃の袋  

秋風や屠(ほふ)られに行く牛の尻  

秋風の聞えぬ土に埋めてやりぬ  

(秋の風)

山鳴るや瀑(たき)とうとうと秋の風

古(ふ)りけりな道風(とうふう)の額(がく)秋の風

うつらうつら聞き初めしより秋の風

秋風や棚に上げたる古かばん

荒壁に軸落ちつかず秋の風

先生の疎髯(そぜん)を吹くや秋の風

魚(うお)も祭らず(かわうそ)老いて秋の風

草尽きて松に入りけり秋の風

高麗人(こまびと)の冠(かぶり)を吹くや秋の風

瓢箪は鳴るか鳴らぬか秋の風

にやならん秋の風


初嵐 


風呂に入(い)れば裏の山より初嵐

温泉(いでゆ)湧く谷の底より初嵐


野分(のわき)


この夕(ゆうべ)野分に向て分れけり

鎌倉堂野分の中に傾けり

(より)あまり野分に吹かれ参りたり

荒滝や野分を斫(きり)て捲(ま)き落す

野分吹く瀑(たき)砕け散る脚下(きゃっか)より

遠近(おちこち)谷も尾上(おのえ)も野分哉

野分して朝鳥早く立ちけらし  

野分して一人障子を張る男  

砂山に薄(すすき)ばかりの野分哉  

野分して蟷螂(とうろう)を窓に吹き入るゝ  

病癒えず蹲(うずくま)る夜(よ)の野分かな  

礎(いしずえ)に砂吹きあつる野分かな  

角巾(かつきん)を吹き落し行く野分かな  

釣鐘のうなる許(ばか)りに野分かな  

(あかがね)の牛の口より野分哉  

骨立(こつりつ)を吹けば疾(や)む身に野分かな  

すゞなりの鈴ふきならす野分哉


秋の雨

鶏(とり)鳴くや小村小村の秋の雨  

さらさらと護謨(ごむ)の合羽(かっぱ)に秋の雨  

祖師堂(そしどう)に昼の灯影(ほかげ)や秋の雨  

かき殻を屋根にわびしや秋の雨  

渡殿(わたどの)白木めでたし秋の雨  

酸多き胃を患ひてや秋の雨  

ふき易(か)へて萱(かや)に聴けり秋の雨  

藁葺(わらぶき)に移れば一夜(ひとよ)秋の雨  

範頼(のりより)の墓濡るゝらん秋の雨  

いたつきも怠る宵や秋の雨  

耳の底の腫物(しゅもつ)を打つや秋の雨  

眠らざる夜半(よわ)の灯(あかり)や秋の雨  

秋雨に行燈(あんどん)暗き山家かな  

秋雨に明日(あす)思はるゝ旅寐哉  

秋雨やの枯葉をくべる音  

秋雨や蕎麦をゆでたる湯の臭ひ  






スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム








管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

ことのは堂

Author:ことのは堂
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

この人とブロともになる

QRコード
Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。